屋根瓦の種類と比較

屋根瓦の種類と比較

屋根瓦には用途・外観に合わせて様々な種類の瓦があります。 瓦の持つ特性などについてご紹介いたします。 神社や仏閣といった建物に使われている屋根瓦は、長期の耐性面で優れています。 それらが瓦のひび割れや色あせなどのトラブルを発生しにくいのは、素材や製造方法に日本の気候にあったもの用いているためなのです。 現在では、いままでになかった新素材の瓦も多く出回っていますが、材質や条件によっては十分な耐久性を得られないケースも出てきてしまいます。 そこで佐敷瓦工業所では、お客様のご要望にあわせたご提案はもちろん、建物を長持ちさせるコーディネートをいたします。

瓦の種類

下記 瓦の種類の他にも、次世代の輪入瓦・環境瓦など取り揃えています。お問い合わせいただければ各種ご提案いたします。

種類 特徴 主なメーカー
和瓦 陶器瓦を釉薬瓦ともいい、粘土瓦の一種です。粘土を瓦の形にかたどったものの上に釉薬(うわ薬)をかけて、窯の中に入れて高温で焼き上げた瓦のことをさします。弊社製品もこの陶器瓦になります。瓦表面の釉薬がガラス質になっているため、水が浸透せず、長い年月を経ても美しい状態を保て、メンテナンスの必要がありません。 新東
鶴弥
碧南窯業
野安製瓦
丸栄陶業
マルスギ
平板瓦 和風、洋風を問わずどのような建築物にでも自由に応用できる現代建築に最適な屋根材です。施工はきわめて簡単、しかも耐寒・耐震・耐風性にすぐれていますので、どのような建築現場でも使用できます。 新東
鶴弥
野安製瓦
丸栄陶業
マルスギ
山平
シングル瓦 鋼板同様に軽くて施工性に優れていますが、砂によって表面に着色をしているため、鋼板とは違った落ち着きと柔らかさがあります。ゆるやかな勾配の屋根にも使え、住宅の印象が軽快になります。ただ、この材料は可燃性のため、防火指定のある地域では使用できません。 オーエンスコーニング
セメント瓦 厚型スレートまたは、コンクリート瓦とも言われ、その名の通りセメントと砂を主原料としたもので、表面処理(塗装)をして使われます。以前は和形の生産が多かったのですが、いまは洋形(F形やS形等)が増えています。 塗料で着色するので、どんな色にもすることが出来、家の形や壁の色に合わせて変えることが出来ます。ただ、経年により変色、脱色がおき、数年ごとにメンテナンス(塗装)が必要となります。※こまめに塗装しないと、セメント瓦自体の劣化が早くなってしまいます。 ラファージュルーフィング
コロニアル瓦 コロニアルは他の瓦より軽いのが最大のメリットです。 ケミュー
形や色などにバリエーションがあるため、注文住宅で住む人の好みを反映させやすいといったメリットがあります。一方で塗装が劣化していくと耐水性能が低下するのが欠点でしょう。通常は約10年に1回の塗り替えを行なうことがあります。 (クボタ松下電工外装)

その他の屋根材

その他の屋根材として、天然の材料(木の皮、草、石等)、金属系(カラー鉄板、フッ素樹脂鋼板、銅板、アルミ合金板等)等があります。天然の材料は、周りの環境に合わせ趣を演出することが出来ます。岐阜県の白川郷が代表的な例です。天然の材料のため、風化や腐食が早いのでメンテナンス(葺き替え)が必要だが、材料を入手しにくいといった事情があります。また、火災等にも配慮が必要です。 金属系は、軽量性・防水性・不燃性・加工性に優れているのが特徴です。しかし、表面処理(塗装)のメンテナンスが必要なのと、防錆・防蝕の注意、断熱性・遮音性の効果が少ない等の問題があります。

屋根選びのポイント

種類 軽さ 費用 丈夫 静寂 耐熱 色あせ メンテナンス 備考
和瓦・陶器瓦 × メンテナンスフリー
平板瓦 × メンテナンスフリー
シングル瓦 ×
セメント瓦 × 10~15年後塗り替え
(費用:30万程度)
コロニアル瓦 × × 10~15年後塗り替え
(費用:30万程度)

※費用は一般住宅(30坪程)の目安です。尚、足場費用は別途となります。